パンと日用品の店 わざわざ

 

 

 

 

The store of bread and daily necessaries “wazawaza” is in Tomi-shi, Nagano. People can not go to this store as they pass by because it stands on a slightly high hill—as its name suggests. The name has two messages. One is their gratitude that customers come such a long way, and the other is their aim that they become a store worth going out of one’s way to go to the store. They had not had their official logo since the store opening, but they took the opportunity of renewing the web site to have it.

 

パンと日用品の店「わざわざ」は、長野県東御市の小高い山の上にある。その名の通り、通りすがりで立ち寄ることはまず不可能な、わざわざ行かねばならない場所にある。そんな場所までわざわざ来てくださった客への感謝の気持ちと、そうまでしてわざわざ来る価値のある店になるという思いが、店名には込められている。開店以来決まったロゴがなかったが、2015年のウェブサイトリニューアルをきっかけに公式ロゴの制作を決めた。

 

 

official logo

 

Japanese-language version

 

At first, they hoped the logo by only hand-drawn letters. And also they wanted the logo expressing their own attitudes that they want to be honest with all—from making breads to work style and life. It is not easy to express such an abstract concept by only hand-drawn letter. Me and the owner of “wazawaza” looked for the most suitable letters and the most beautiful logo for expressing the attitude after I drew a lot of letters again and again.

 

イラストは使わず、手書きの活字のみで構成したロゴを希望された。求められたのは、パン屋のデザインとしてはよく見られる「素材感」や「温もり」をもとにしたロゴではなく、パン作りから暮らしかた・働きかたに至るまで、すべてに対し素直かつ正直にありたいというシンプルで誠実な姿勢を表現したロゴ。具体的なモチーフではなく、姿勢や態度といったあり方を、活字だけでデザインすることは、易しくない。店主とデザイナーの感覚が絶妙に合うところまで、何度も、また多くの活字を書くことで、最も適した、あるべき活字、美しいロゴを探した。

 

 

example of using logo

 

 

on web site

 

 

Client: wazawaza
Direction: Saiko Ito (暮らしかた冒険家)
Web Design: Hidenori Ikeda(暮らしかた冒険家
Logo Design: Go Uchida

 

 

PAGE TOP